バー環礁のユネスコ生物圏保護区に非常に近い場所に位置するため、持続可能性は交渉不可能であると考えており、持続可能性を私たちのすべての中心に据えています。マンタトラスト財団と緊密に連携して、リゾートのラグーンにマンタ保護区を作る予定です。リゾートの生物学者が運営するサンゴの復元プロジェクトがあり、海洋生物を監視および保護します。二酸化炭素排出量を最小限に抑えるためのリゾートの「グリーンエンゲージ」イニシアチブに重点が置かれています。

保護

マリン・センター

研究結果を重視しているMarine Discovery Centre(マリン・ディスカバリー・センター)の設立、教育映画の上映やプレゼンテーション、Manta Trust Foundation(マンタ・トラスト基金)との共同作業など、私たちの美しいラグーンなどを保護することは、私たちのすべての活動の中核を成しています。この島にあるMarine Discovery Centre(マリン・ディスカバリー・センター)には経験豊かな海洋生物学者のチームが勤務し、地元の環境に関する研究について皆様にご紹介します。

サポート

海洋保護プログラム

Manta Trust Foundation(マンタ・トラスト基金)に対する当リゾートのサポートにご賛同いただき、マンタ(オニイトマキエイ)とその生息地の世界的な保全活動にご協力ください。インターコンチネンタル・モルディブ・マアムナガウ・リゾートでは、次世代のために美しい地球を保護することを重視しており、教育映画、プレゼンテーション、ラグーンやハニファル湾のマンタ(オニイトマキエイ)生息地へのプライベートツアーなどの多くのアクティビティをはじめとする保護の取り組み、「Adopt a Manta(マンタをスポンサーする)」イニシアチブ、「Marine Biology Night(海洋生物学の夕べ)」などのイベントにもご参加いただけます。

グリーン・エンゲージ

太陽光発電

職員宿泊施設の屋上にソーラーパネルを設置することにより、太陽エネルギーで総発電量推定600kWを実現しています。このイニシアチブにより、日中には太陽光だけでバックヤードの複合施設を稼働させるのに十分な電力を生成し、年間3,149,280トンの二酸化炭素排出量を削減しています。

リサイクル

GLASS CRUSHING & COMPOSTING

ガラス廃棄物の量を減らすために、当ホテルではガラス破砕システムの実装に取り​​組んでいます。ガラス廃棄物は、コンクリート工事で骨材の成分として使用されます。

独自のコンポストを作成することで、香辛料、食品着色料、その他の食品廃棄物など、海洋生物に有害な食品成分から海を守りながら、ホテル内で安全で手頃な価格の有機肥料を作ることができます。1日あたり最大600kgの有機廃棄物を堆肥化する能力を備えています。